Excel

VBAで休日判定処理を使って、Excelワークシートに休日カレンダーを作る

休日判定を作ったので、その応用を2。Excelのワークシートに休日を指定色にしたカレンダーを作成してみる。 (ソースコードは下の方に・・・) 仕様みたいなもの 通常(?)の1週間横並び 年指定(1月から12月) 年度指定(4月から翌年3月) オプショ…

VBAで休日判定処理を使って、指定営業日数後の日付を取得する

休日判定処理を作ったので、その応用を。「翌営業日の日付が知りたい」とか、そういった類です。 休日判定クラスモジュールを用意して、それとは別に標準モジュールを用意して、以下のコードを貼り付けます。 あとは、getNthWorkingDayに必要なパラメータを…

VBAによる「祝日判定処理」を「休日判定処理」に拡張してみた

3ヶ月半ほど前の5月28日に、VBAの祝日判定コードを書いたところ思っていた以上にアクセスされているようで、「以外に需要があるものだ」と少々驚いています。(推定で平日30件たらず?ですけど・・・)そこで、図に乗った空腹おやじは、前回の祝日判定…

ExcelのVBAで使えるDLLを、C++(Visual Studio 2017)で作る。・・・その2

次回予告までしておきながら、他にVBA関係の記事を書いていたこともあり、既に2ケ月以上が過ぎ、 「いつ頃までに、まとめられるかは、不明・・・」の記載通りになってしまった。前回も書きましたけど、64bit版のVBAではどうなるかわかりませんので!!!今…

VBAによる祝日判定および祝日取得(改正東京五輪・パラリンピック特別措置法 対応)

2018年6月13日、参院本会議で可決、成立しました。これに伴って、2020年の祝日が移動するものが出てきたようなので、先日公開した祝日判定処理を更新しました。 また、2020年からは「体育の日」が「スポーツの日」になるそうなので、合わせて対応済みです。…

VBAによる祝日判定および祝日取得

2018/9/10 追記 この記事は、祝日(振替休日等を含む)を判定の対象にしていますが、日曜日や年末年始の休み等は判定対象外です。 これらの休日も判定対象に含めたい場合には、以下の記事をあわせて参照してみて下さい。 z1000s.hatenablog.com 2018/6/14 追…

MS AccessのインストールされていないPCで、VBA(Excel)を使って accdbを最適化する

最近VBAネタが続く・・・今使っているOffice 2013を買う時、Accessはあれば便利かもしれないけど、 「どうせ使う機会は無いだろう」という事で、Office Personalを買ったので Accessは持っていない。しかし、最近になって〇〇なデータ管理をしようかと思った…

ExcelのVBAで使えるDLLを、C++(Visual Studio 2017)で作る。・・・その1

ExcelのVBAでもそこそこの事は出来るけれど、C++で処理したい事があって「DLLにしちゃえ」と思ったはいいが、いろいろと忘れて(いや、覚えてないから忘れられないだろうorz)作るのが大変だったので、まとめてみることにした。 とりあえず、今回は、何もし…

Excelの列のアルファベット-数値変換

ThisWorkbook.Worksheets(1).Columns("AA").Column===>27 ThisWorkbook.Worksheets(1).Columns(28).Address(ColumnAbsolute:=False)===>AB:ABThisWorkbook.Worksheets(1).Cells(1, 28).Address(RowAbsolute:=False, ColumnAbsolute:=False)===>AB1 数値→アル…