空腹おやじのログと備忘録

VBA(主にExcel)でいろいろな実験的な事とか、Linuxのコマンドとか設定とかについて忘れないように、あれこれと・・・

Excel

【VBA】任意のRangeの先頭1行を除いたRangeを簡単に取得する

Excelでデータを入力していると、1行目にヘッダ行があって、実際のデータは2行目からということはよくあると思います。 VBAで何らかの処理を行っている際に、ヘッダ行を含んだRangeは取得済みだけど、ヘッダ行を除いた部分をRangeとして取得したい場合、今…

【VBA】Excelで、製品の販売価格の更新情報を持つマスタから、いろいろな販売日の価格を取得する

難しく書いたけど、要するに ある製品の販売価格が、不定期に変わっていて、その履歴が残っている。 じゃあ、「任意のタイミングでの販売価格はいくらか?」を取得するというもの。元ネタはこちら https://twitter.com/ia02003812/status/112285709966959820…

【VBA】Excelはアクティブシートが変わると、処理時間が変わる場合があるようだ

いつもの如く、怪しげな事(?)をゴニョゴニョとやっていて、 「あれ、さっきより処理速くね?」となったので・・・ 経緯 結果 コード まとめ(のようなもの) 追記 行削除(2019/5/5) 経緯 ワークシートに50万件ほどのデータがあって、そいつにフィルタ…

ExcelのAutoFilterの抽出条件には、配列が指定できる・・・でも、ちょっと注意しないといけない事もある

AutoFilterの抽出条件に配列が使用できるとの事で、試してみた際にハマったので・・・こんなデータを用意。 まずは、1件抽出するコード。こんな感じ? Public Sub doAutoFilter() Dim r As Range Set r = ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Range("A1").Cu…

Excelのワークシート名取得 ADOでOpenSchema と Workbooks.Open を比べてみた

ADOというとデータベースに使うというイメージが強いような感じがしますが、Excelに対しても使えます。Excelのワークブックを指定して、ワークシート名の一覧取得を、ADOの使用有無で行ってみます。 使用環境 Windows 10 Home Excel 2013 CPU:古い(恥ずか…

DictionaryのItemに格納したExcelのRangeは更新可能か?

以前の記事でDictionaryのItemに配列を格納して、後から更新しようとして出来なかったが、懲りずに今度はRangeを格納して試してみた。z1000s.hatenablog.com結論から言うと、今回は更新可能でした!!! DictionaryのItemを更新することで、ワークシートの値…

Unionで纏められたRange内のセルにVBAでアクセスする(Excel)

あまり使う事はないような気がするが、複数のセル範囲の集合をひとつのRangeとした時、そのRange内のデータにどうやってアクセスするのか?やってみました。 複数のセル範囲が不連続の場合のアクセス方法を調べることが目的です。Unionで纏める記事はそれな…

Excelワークシートに指定フォルダ(サブフォルダを含む)から画像を読み込んで貼り付けてみた

もうすぐ3月です。 私のいる会社では、月末近くになると年度末の棚卸しがあります。担当の方がデジカメで写真を撮っては、Excelのワークシートに ちまちまと貼り付けてはサイズと位置を調整して・・・面倒くさそうです。(私はその作業に関しては部外者なの…

VBAのDictionaryに配列を格納して、変更してみる

どうせなので、多次元配列(3次元だけど)にしてみた。 テスト用データ その1 配列を格納してみる Public Sub Dictionaryに配列を追加() Dim dicValues As Dictionary Dim lValues(1, 1, 1) As Long Dim lKey As Long Dim i As Long Dim j As Long Dim k A…

VBAで休日判定処理を使って、Excelワークシートに休日カレンダーを作る

休日判定を作ったので、その応用を2。Excelのワークシートに休日を指定色にしたカレンダーを作成してみる。 (ソースコードは下の方に・・・) 更新履歴 2019/6/13 横1列バージョンを追加しました。 仕様みたいなもの 通常(?)の1週間横並び 年指定(1…

VBAで休日判定処理を使って、指定営業日数後の日付を取得する

休日判定処理を作ったので、その応用を。「翌営業日の日付が知りたい」とか、そういった類です。 休日判定クラスモジュールを用意して、それとは別に標準モジュールを用意して、以下のコードを貼り付けます。 あとは、getNthWorkingDayに必要なパラメータを…

VBAによる「祝日判定処理」を「休日判定処理」に拡張してみた

3ヶ月半ほど前の5月28日に、VBAの祝日判定コードを書いたところ思っていた以上にアクセスされているようで、「以外に需要があるものだ」と少々驚いています。(推定で平日30件たらず?ですけど・・・)そこで、図に乗った空腹おやじは、前回の祝日判定…

ExcelのVBAで使えるDLLを、C++(Visual Studio 2017)で作る。・・・その2

次回予告までしておきながら、他にVBA関係の記事を書いていたこともあり、既に2ケ月以上が過ぎ、 「いつ頃までに、まとめられるかは、不明・・・」の記載通りになってしまった。前回も書きましたけど、64bit版のVBAではどうなるかわかりませんので!!!今…

VBAによる祝日判定および祝日取得(改正東京五輪・パラリンピック特別措置法 対応)

2018年6月13日、参院本会議で可決、成立しました。これに伴って、2020年の祝日が移動するものが出てきたようなので、先日公開した祝日判定処理を更新しました。 また、2020年からは「体育の日」が「スポーツの日」になるそうなので、合わせて対応済みです。…

VBAによる祝日判定および祝日取得

2018/9/10 追記 この記事は、祝日(振替休日等を含む)を判定の対象にしていますが、日曜日や年末年始の休み等は判定対象外です。 これらの休日も判定対象に含めたい場合には、以下の記事をあわせて参照してみて下さい。 z1000s.hatenablog.com 2018/6/14 追…

MS AccessのインストールされていないPCで、VBA(Excel)を使って accdbを最適化する

最近VBAネタが続く・・・今使っているOffice 2013を買う時、Accessはあれば便利かもしれないけど、 「どうせ使う機会は無いだろう」という事で、Office Personalを買ったので Accessは持っていない。しかし、最近になって〇〇なデータ管理をしようかと思った…

ExcelのVBAで使えるDLLを、C++(Visual Studio 2017)で作る。・・・その1

ExcelのVBAでもそこそこの事は出来るけれど、C++で処理したい事があって「DLLにしちゃえ」と思ったはいいが、いろいろと忘れて(いや、覚えてないから忘れられないだろうorz)作るのが大変だったので、まとめてみることにした。 とりあえず、今回は、何もし…

Excelの列のアルファベット-数値変換

ThisWorkbook.Worksheets(1).Columns("AA").Column===>27 ThisWorkbook.Worksheets(1).Columns(28).Address(ColumnAbsolute:=False)===>AB:ABThisWorkbook.Worksheets(1).Cells(1, 28).Address(RowAbsolute:=False, ColumnAbsolute:=False)===>AB1 数値→アル…