空腹おやじのログと備忘録

VBA(主にExcel)でいろいろな実験的な事とか、Linuxのコマンドとか設定とかについて忘れないように、あれこれと・・・

Visual Studio

ExcelのVBAで使えるDLLを、C++(Visual Studio 2017)で作る。・・・その6 デバッグ編

初めに キーワード アタッチ デタッチ 実際にやってみる 操作の流れ アタッチ ブレークポイント ステップイン ステップオーバー ステップアウト 続行 デバッグの停止 全てデタッチ プロセスに再アタッチ ウォッチ 自動変数 ローカル メモリ 主なショートカッ…

ExcelのVBAで使えるDLLを、C++(Visual Studio 2017)で作る。・・・その5 構造体の受け渡し

初めに 事前準備 アライメント #pragma pac による要素の配置への影響の確認 pacあり、ダミーメンバーなし pacなし、ダミーメンバーなし pacなし、ダミーメンバーあり pacなし、ダミーメンバーあり2 メモ コード DLL AccessibleFromVBA.h AccessibleFromVBA…

ExcelのVBAで使えるDLLを、C++(Visual Studio 2017)で作る。・・・その4.3(非配列Variant型変数による配列受け渡し編)

初めに 処理 コード DLL AccessibleFromVBA.h AccessibleFromVBA.cpp AccessibleFromVBA.def VBA 実行結果 DllTestSetArrayV DllTestGetArrayV まとめ 過去掲載分 初めに 前回の予告通り、今回は非配列のVariant型変数に配列を格納して、DLLとの受け渡しをし…

ExcelのVBAで使えるDLLを、C++(Visual Studio 2017)で作る。・・・その4.2(配列編)

初めに SAFEARRAYに関する追加情報 配列要素のデータ型 引数 主な処理と使用する関数 HRESULTを返す関数の成否判定 SAFEARRAYに格納されている要素のデータ型分類値の取得 配列の次元数の取得 配列の1要素のサイズの取得 指定した次元のインデックスの指定…

ExcelのVBAで使えるDLLを、C++(Visual Studio 2017)で作る。・・・その3.2(String型による文字列の受け渡し)

初めに BSTR 構造 メモリ管理 ポインタを介してのデータの書き換え 内部のデータ文字列の状態 ヘッダ 関数 SysAllocStringByteLen SysAllocString SysAllocStringLen SysFreeString SysStringLen SysStringByteLen SysAllocStringとSysAllocStringByteLenの…

ExcelのVBAで使えるDLLを、C++(Visual Studio 2017)で作る。・・・その4.1(配列 準備編)

はじめに SAFEARRAY SAFEARRAY構造体 cDims fFeatures cbElements pvData rgsabound 次回予告 過去掲載分 はじめに 前回の文字列の受け渡しでは、VARIANTを使いました。(自分でもびっくり)今回の配列でも、int* とか short* とかを使うのかと思いきや SAFE…

ExcelのVBAで使えるDLLを、C++(Visual Studio 2017)で作る。・・・その2

次回予告までしておきながら、他にVBA関係の記事を書いていたこともあり、既に2ケ月以上が過ぎ、 「いつ頃までに、まとめられるかは、不明・・・」の記載通りになってしまった。前回も書きましたけど、64bit版のVBAではどうなるかわかりませんので!!!今…

ExcelのVBAで使えるDLLを、C++(Visual Studio 2017)で作る。・・・その1

ExcelのVBAでもそこそこの事は出来るけれど、C++で処理したい事があって「DLLにしちゃえ」と思ったはいいが、いろいろと忘れて(いや、覚えてないから忘れられないだろうorz)作るのが大変だったので、まとめてみることにした。 とりあえず、今回は、何もし…