MS AccessのインストールされていないPCで、VBA(Excel)を使って accdbを最適化する

最近VBAネタが続く・・・

今使っているOffice 2013を買う時、Accessはあれば便利かもしれないけど、
「どうせ使う機会は無いだろう」という事で、Office Personalを買ったので
Accessは持っていない。

しかし、最近になって〇〇なデータ管理をしようかと思ったが、どうにもExcelだけでは厳しい。
ローカルで手軽に使えるデータベースが欲しいけれど、このためだけにAccessを買うというのももったいない。
LibreOffice Calc Baseという選択肢はない。)
バックエンド用として使えれば、フロントエンドはC#とか最悪Excelでもなんとか出来る。

あれ、mdbってVBAで作れなかった?
やっぱり作れるじゃないか、accdbも!

で、このゴールデンウィークに、accdbファイル自体と、
それに、テーブルを作るためのツールを作った。
肝心のデータ管理用のフロントエンドは全く出来ていないし
データもインサートして無いのに、気が早くて「最適化ツールは絶対必要だ!!!」
となり、作り始めたはいいが、コンパイルエラー
"DBEngine"を、「変数が定義されていません」とおっしゃる。
f:id:Z1000S:20180506161438j:plain

DAOの参照設定してないじゃん。
Microsoft DAO 3.6 Object Library 参照設定して、コンパイルもOK。
いざ、実行!

実行時エラー 3343
データベースの形式 'C:\Datas\sample.accdb' を認識できません。

調べていくと

引数 options に次のいずれかの定数を使用すると、最適化されたデータベースのデータの形式のバージョンを指定できます。
・・・
dbVersion120
最適化に Microsoft Access データベース エンジン バージョン 12.0 のファイル形式を使用するデータベースを作成します。

DBEngine.CompactDatabase メソッド (DAO)

オプションに、dbVersion120を追記して、コンパイルしてみる。
"dbVersion120"に対して、"変数が定義されていません。"
f:id:Z1000S:20180506163124j:plain
まだ、だめですか・・・orz

さらに調べていくと、

DAO 12.0 (ACEDAO.DLL) の DBEngine.CompactDatabase メソッドを利用する。

VBレスキュー(花ちゃん) の Visual Basic 2010 用 掲示板(VB.NET 掲示板)

という記載を発見。

でも、参照設定に、DAO 12.0なんて見当たらない。
そもそも、ACEDAO.DLLなんて入ってるの?
f:id:Z1000S:20180506163729j:plain
DLLはあった。
じゃあ、どれを参照すればいいの???

オブジェクトブラウザーで「DAO」を確認すると「Microsoft office 15.0 Access database engine Object」に含まれているんですね。

ふひろ通信: Microsoft Access 2013の参照設定で「Microsoft DAO 3.6 Object Library」を有効にしようとすると警告が出る

これ(Microsoft Office 15.0 Access database engine Object Library)か?
f:id:Z1000S:20180506165710j:plain
参照設定チェックしてみると
f:id:Z1000S:20180506170103j:plain
オブジェクトブラウザに、dbVersion120の文字が表示された!
コンパイルもOK。
いざ、実行。
エラーの発生もなく、無事終了。

ダミーのデータ10万件をinsert後、全てdeleteしてから
最適化処理でファイルサイズが小さくなっているのを確認。
(拡張子".tmp"となっているのが最適化実行直後(リネーム前))
f:id:Z1000S:20180508074139j:plain

最終的なコードは、これ

'参照設定
'Microsoft Office 15.0 Access database engine Object Library

Public Sub compactDB()

    Dim sSrcPath    As String
    Dim sDestPath   As String

    '最適化するファイルのパス
    sSrcPath = "C:\Datas\sample.accdb"

    '最適化後のファイル名
    sDestPath = sSrcPath & ".tmp"

    On Error GoTo ERR_COMPACT_DB

    '最適化の実行
    DBEngine.CompactDatabase sSrcPath, sDestPath, DAO.LanguageConstants.dbLangJapanese, DAO.DatabaseTypeEnum.dbVersion120
    '冗長に書いているが、下記でもOK
    'DBEngine.CompactDatabase sSrcPath, sDestPath, dbLangJapanese, dbVersion120

    '最適化前のファイルを削除
    Kill sSrcPath

    '最適化後のファイル名を最適化前のファイル名にリネーム
    Name sDestPath As sSrcPath

ERR_COMPACT_DB:
    If Err.Number <> 0 Then
        Debug.Print "[" & CStr(Err.Number) & "]" & Err.Description
    Else
        Debug.Print "Done."
    End If

End Sub

自分一人で使うやつなので、エラー処理は最低限。
あと、参照設定の15.0の部分は、Officeのバージョンで変わるらしい。

mdbの場合は、dbVersion120の代わりに、dbVersion40を使えばいけるのかな?(未確認)

参考サイト
DBEngine.CompactDatabase メソッド (DAO)
DatabaseTypeEnum 列挙 (DAO)