暗くなると点灯するLED回路を作ってみた

昨年12月の事、妻が外に置いていたプランターを、寒さ対策のために家の中(廊下の片隅)に持ち込んだ。
日頃から廊下の電灯を点けずに(暗い中を)歩く私にとって、本来何もないはずの所に物があると、それを蹴飛ばしてしまう可能性は非常に高い。
電灯を点けて歩けば何も問題がないのだが、昔からの習慣でなかなかそうできずにいた。
そこで、プランターが見えるように(というか、そこにプランターがあることを意識させるため)手持ちのLEDを点灯させようという結論に。
手持ちのエネループ4本と抵抗、LED、スイッチを繋げて完成。しばらくは、それで過ごしていたが、朝と夜にスイッチの操作が面倒くさくなってきた。

なんとかこの手間を省きたい。
で、「明るさに応じて、勝手に点灯、消灯するようにしてしまえ」ということになり、調べてみると、明るさはCDSで検知して、それを元にトランジスタでLEDに流す電流をオン、オフすればいいらしい。

 

回路は、こんな感じ。

f:id:Z1000S:20180101213828p:plain

 

抵抗は、手持ちの物を使ったので、ひとつでいいところが並列になっていたりする。

 

LEDと直列に接続している抵抗は、電源のエネループ4本がフル充電時5.8Vだったので、そこにLEDの定格20mAを流すとすると

5.8V / 20mA = 290Ω

手持ちの抵抗に近いのがないので、460Ωを並列にして230Ωで妥協。

5.8V / 230Ω = 25mA

許容範囲内でしょう。

(ベース側の抵抗が、いい加減で大きめにしてあるので、実際にはそんなに流れていないのは、点灯したLEDの明るさからみて明らか)

 

電池とベース間の抵抗(100kΩ)や、CDSと並列に接続した抵抗(100kΩ、46kΩ)は、結構いい加減ベースで。最終的には、実際にLEDを点灯させてみて、点灯消灯する明るさを見ながら調整して決定。時間があったらもう少し抵抗値を下げる方向で調整してみよう。

 

春になって暖かくなれば使わなくなるので、基盤に半田付けなどせず、ブレッドボードに部品を差し込んでおしまい。

 

電池は最終仕様前の抵抗値で使って、10日くらいで暗くなって来たので、1週間くらいは使えそうかな?

 

完成した全体は、こんな感じ

f:id:Z1000S:20180101214327j:plain

消灯状態

f:id:Z1000S:20180101214351j:plain

点灯状態

f:id:Z1000S:20180101214426j:plain

配線状態

 

f:id:Z1000S:20180101214449j:plain

ntpdが動作中でも、ntpdateで手動時刻合わせ

ntpdateで手動で時刻合わせをする場合、

$ sudo ntpdate サーバー

とコマンドを実行しますが、ntpdを停止させずに実行すると

the NTP socket is in use, exiting

とエラーになってしまいます。

 

しかし、"-u"のオプションを指定すれば、エラーにならずに実行出来るようです。

$ sudo ntpdate -u サーバー

 

実行例

f:id:Z1000S:20171203103117j:plain

ntpdate実行例

 

参考にしたサイト

d.hatena.ne.jp

Shuttle Music Player (Android)のライブラリの更新(ファイル削除時) Part 2 (解決策)

前回の記事で、手動でSDカードのアンマウント、マウントを行うことでライブラリの更新をすることが出来る(多少の問題はあるが・・・)とわかった。

その後、さらに調べてみると、やはりあるんですね、そういう需要が。その手のアプリがありました。とりあえず見つけたのがmedia.Re.Scanというもの。

このアプリの作者のブログによれば、

現在メディア一覧として登録されているファイルがちゃんとSDカードに存在するか?追加、変更されたファイルはないか?ということを自前で確認し、メディア一覧の情報を1つづつ更新する方法をとっています。

だそうです。

 これを使えば、プレイリストがクリアされる問題も発生しませんでしたので、しばらくは使って様子を見てみようかと思います。

 

play.google.com

こういった機能を持ったライブラリとかAPIは提供されていないんですかね?
提供されていれば、アプリが内部で呼ぶようになっていれば、ユーザーは煩わしくないのだが・・・

などと、Androidアプリの開発をしたことがないやつが、好き勝手に言ってみたりする。

Manjaro Linux pacmanのkeyringエラー発生時の対処方法

Manjaro Linuxを使っていると、pacmanによる更新処理時にsignatureエラーが発生することがあります。その対処方法が、Manjaro Linux Forumの先頭に載っていたので、忘れないようにメモを・・・

 

$ sudo pacman -Sy archlinux-keyring manjaro-keyring
$ sudo pacman-key --populate archlinux manjaro
$ sudo pacman-key --refresh-keys

 

Forumは↓
forum.manjaro.org

Manjaro Linuxで、ショートカット「Super+E」でNemoが起動しなくなった

使用しているManjaro Linuxに、Easy Tagをインストールしたところ、ショートカットキー「Super+E」でEasy Tagが起動するようになってしまいました。

外付けのUSB HDDを接続した際も、Easy Tagが起動します。orz

調べてみたところ、ファイルマネージャーが、NemoからEasy Tagに切り替わってしまったようです。

f:id:Z1000S:20171119153504p:plain

そこで、ファイルマネージャーを元通りNemoに直したところ、無事元通りとなりました。

f:id:Z1000S:20171119153529p:plain

 

Manjaro Linuxで、pacmanのミラーを更新するコマンド

Manjaro Linuxpacmanのミラーを更新する際に、

$ sudo pacman-mirrors -g

 

としていたものが、エラーになりました。

pacman-mirrors: error: unrecognized arguments: -g

オプションの -g が認識されなくなりました。

ヘルプをみてみると

Deprecated argument: '-g/--generate'!
Please use '-f/--fasttrack NUMBER', Use 0 for all mirrors

 

推奨されない引数とされていました。

-f を使えということのようです。

これまでと同様に全ミラーを対象とするには、

$ sudo pacman-mirrors -f 0

 

とすると良いようです。

パッケージリストの更新までやるには、

$ sudo pacman-mirrors -f 0 && sudo pacman -Syy


とすればOK

disk と disc の違い

音楽データをあれこれしていたら、ふと気が付いた。
Disc 1、Disc 2というフォルダがある。
Disk 1、Disk 2の間違いではないのか?

 

Wikipediaによると、
 disc:イギリス英語
 disk:アメリカ英語
だそうである。

 

Appleさんによると、
 disc:オーディオ CD、CD-ROM、DVD-ROM、DVD-RAM、DVD-Video ディスクなどの光学式メディア
 disk:フロッピーディスク、コンピュータのハードドライブ内のディスク、外部ハードドライブなどの磁気メディア
だそうです。(Wikipediaには、この根拠は不明との記載がある。)

 

ということで、Disc 1、Disc 2で間違いないようである。